TOP > 相続登記サービス

相続登記サービス

相続登記とは

相続登記とはのイメージ

 相続登記とは、被相続人の所有していた土地や建物の名義変更の手続きの事を言います。相続税申告のように法定期限はありませんが、相続登記をしておかないと、第三者に自分が権利者であることを証明できません。また、長期間放置しておきますと、書類がそろわない等で相続登記ができなくなる場合があります。権利関係を明確にするため、相続登記は行ってください。
 相続登記には、原則、被相続人の除籍謄本(出生から死亡まですべて)、相続人全員の戸籍、印鑑証明書、固定資産評価証明書が必要となります。当所では、ご依頼いただければ、当所で代行して取得することができます。
 遺産分割協議成立後、遺産分割協議を作成、押印し、私の方で登記申請を代行いたします。
 
相続登記サービス」は、法定相続の場合、遺産分割協議の内容が確定している場合、遺産分割協議のアドバイスが
ほしい場合、遠方に相続人がいる・疎遠な相続人がいる場合等多岐にわたる相続登記に関し、対応可能です。

一度ご相談ください。

相続時に必要な名義変更

 不動産の名義変更には、相続人全員による遺産分割が必要となります。(遺言がある場合を除く)
  ・遠方、疎遠な相続人がいて、どうのうに連絡をしたいいかお困りの方
  ・未成年、認知症、行方不明な方がいて遺産分割の方法がわからない方
  ・相続人が誰だかわからない方c
  ・遺産分割協議に立ち会ってほしい方
  ・円滑に遺産分割協議をしたい方
 等、別途遺産分割協議のアドバイスは可能です。


実は、相続登記以外に、相続手続きが多種多様であります。
下記のその他の相続手続きも併せてご参照ください。

預貯金の名義変更には、銀行等金融機関所定の書面(相続届等)の提出が必要となります。
特に郵便局の相続手続きは、複雑です。
 ・ご高齢でお一人で相続手続きをすることが面倒な方
 ・平日、多忙で何回も銀行郵便局に足を運ぶことが困難な方
等にご好評いただいております。

遺産整理人(相続人の代理人)となってみなさんに代わってお手続きをすることができます。

株式、投資信託の名義変更には、銀行の相続手続き同様煩雑です。
たとえば、引き継ぐ場合、口座開設(マイナンバーの提示)等が必要となります。

その他、自動車、ゴルフ会員券、保険等相続手続きは多岐にわたります。

当所では、相続手続き全部サポートさせていただくことができます。
もちろん、相続登記だけ、預貯金だけといった相続手続きの一部のご依頼をいただくことも大丈夫です。


なにかお困りの場合は、気軽にお問い合わせください。

相続登記サービスの内容