TOP > 不動産売却サービス

不動産売却サービス

相続時の不動産売却支援について

相続した不動産を売却するには、相続登記が完了していないと行えません。
通常、遺言または遺産分割により相続登記することになります。
遺産分割による場合、売却代金を相続人で分ける方法として、換価分割、代償分割がありますが、相続税・贈与税・譲渡税等が密接に関係するため、また個々の事情によりどちらを選択した方がいいかの選択は難しいため、一般の方では判断が困難です。 
たとえば、
相続人間でトラブルがある場合は換価分割、相続人が多い場合には代償分割、遠方の人がいる場合には代償分割等。
当事務所では、相続に強い税理士・不動産会社と提携しているため、ご安心して売却手続きができます。

不動産売却支援の流れ

Step1 売却価格の査定
Step1 売却価格の査定のイメージ

遺産分割方針決定後、
当事務所と提携している不動産会社がお客様の不動産を価格査定いたします。
もちろん、お知り合いの不動産会社でもOKです。

Step2 売り出しの開始
Step2 売り出しの開始のイメージ

不動産会社の査定価格や立地条件が似通った売却事例など、市場動向をみたうえで設定していただきます。
なお、接道、境界確定等により、売却まで相当のお時間が相当かかる場合がございます。

Step3 購入希望者との交渉と売買契約
Step3 購入希望者との交渉と売買契約のイメージ

交渉には、提携不動産会社があたります。
交渉成立後、遺産分割協議を終え(遺産分割協議が先の場合もあります)、
相続登記をし、売買契約をします。

Step4 売却後の手続き代行
Step4 売却後の手続き代行のイメージ

売買代金を受領後、当事務所にて抵当権の抹消や所有権の移転手続きを行います。(買主指定の司法書士になる場合は当事務所では登記は行いません。)

売却に関しては、提携の不動産会社が対応させていただきます。

Step5 ご精算
Step5 ご精算のイメージ

諸手続きが完了いたしましたら、登記及びそれに付随する費用を精算していただきます。相続登記が先行する場合には、その時点で一度精算させていただく場合がございます。
不動産仲介手数料については不動産会社、税金の申告に関しては税理士にお支払いをお願いします。

料金に関しては、こちらをご覧ください。

不動産売却支援と料金について

当事務所では、相続後の売却に関する手続きに特化しております。
登記手続料金について、詳しくはこちら