ゆる相続 ~司法書士田中康雅~

2019年5月10日 金曜日

令和元年をむかえて


令和を迎え、今後どのようなに相続手続きをお手伝いしていこうか連休中考えました、


皆さん財産上平等に相続する均分相続の意識が広まり、
今まで以上に不動産等を現金に換金し分ける方法がすすむことが予想されます。


将来的には、相続の分野においてもAIは入ってくると言われています。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO44333980Y9A420C1FFR000/


今後については、
AI等最先端の提案する相続分割案等に関し、
約四半世紀にわたる相続業務に従事した経験を活かし
依頼してよかった、安心したと思っていただけれる
皆さんに寄り添う司法書士事務所でありたいと思っていります。

川崎市麻生区新百合ヶ丘(稲城市も)で相続相談、相続手続、相続登記、
遺言、贈与といったら司法書士田中康雅事務所と言っていただけれるよう
引き続きがんばっていこうと思います。

令和元年5月1日

川崎市麻生区新百合ヶ丘で相続相談、相続手続き、相続登記といったら
(自分で言ってしまっていますが)
司法書士田中康雅事務所
司法書士田中康雅




SNS的な相続ブログはこちらをご覧ください



最近のタイトル

100万円いかの郵便貯金の相続手続(簡易解約)

不動産贈与と特別受益

準確定申告って必要ですか

取締役と任意後見の関係は?

任意後見と株保有の関係について

ひとりでできる相続登記 できない相続登記。どっち

相続法改正による自筆証書遺言 財産目録編

後に書いた遺言が有効か?

ティッシュの遺言って平気なの?

とりあえず、遺言を書いてみました







投稿者 司法書士 田中康雅 | 記事URL