田中康雅の不定期司法書士日記

2022年3月 2日 水曜日

戸籍・登記簿読み方セミナーのご案内

相続登記が義務化(施行日は2024年4月1日)され、
戸籍、登記簿の知識がますます大切となってきます。

通常の場合、戸籍の知識がそれほどなくても、役所から戸籍を入手すれば、ほとんどの場合問題は生じません。
ところが、何らかの理由により戸籍が揃わなかったために、相続人の特定ができないという後々大変な問題が起こってしまう場合があります。
相続を専門とするコンサルタントの方にとっては、相続人の特定を間違えてしまうと、取返しのつかない事態になってしまいます

不動産の場合、相続が発生したら、最終的には登記が必要です。
 登記簿上の被相続人はいつ亡くなっていますか? 
 相続人は本当にその人で大丈夫ですか?
 

相続の専門家を目指す方を対象にこれから問題を中心に戸籍、登記簿の基本的な見方をお話ししたいと思います。
もちろん、専門家ではない、一般のご家庭の皆さんでも受講可能です。

詳細はこちらをご確認ください
https://tap-seminar.jp/seminar.php?keyno=1740




写真では分かりづらいかもしれない念のため、概要をお書きします。
以下 東京アプレイザル株式会社様HPより抜粋

<ごあんない〉
東京アプレイザルの
『ゼロから学ぶ相続コンサルタント必修講座』は、実務経験豊富な士業コンサルタントの方を講師にお迎えし、「基礎のキ」から学べるセミナーとなっております。

こんな方におすすめ
●相続を基礎から学びたい
●相続コンサルを本業にしたい
●職場のスタッフに相続を学ばせたい
●実務経験はあるが、改めて基本を学び直したい
●本業に活かすため、相続業務を取り入れたい

講座内容
相続手続きでまず最初にしなければならないことは、相続人と相続財産の確定です。相続人の確定ができなければ、遺産分割協議も相続税の申告もなにも進めることができません。
当セミナーでは、前半になぜ相続人確定が重要なのかの論点を中心に法律知識及び戸籍の知識・見方の解説を行ない、
後半では登記簿の読み方を通じて相続財産の中心である不動産の相続手続を解説します。
今後、相続登記の義務化が行われる点についてもその基本的な考え方、論点を解説いたします。

【1】相続人の範囲順位(法定・代襲相続・相続放棄)
 (1)推定相続人が先に亡くなっていた場合は?
 (2)相続開始後に相続人が亡くなっていた場合は?
 (3)休眠不動産の相続人は?
【2】戸籍の読み方
【3】なぜ被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍
   が必要なのか?
【4】法定相続情報証明について
【5】相続・遺贈と登記簿
【6】相続登記義務化概要
【7】なぜ相続登記をする必要があるのか?





投稿者 司法書士 田中康雅

カレンダー

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

所在地

神奈川県川崎市麻生区万福寺6丁目2番10-402号 新百合丘レジデンス

ホームページを見たとお伝え下さい 044-969-2262 営業時間 9:00~19:00

お問い合わせ 詳しくはこちら