ゆる相続 ~司法書士田中康雅~

2015年6月 9日 火曜日

相続、想族 

「想族」?

僕が「相続」手続きをするにあたっていつも頭の片隅においている言葉で、
造語です。「家族を想う」ということですかね。
「相続」とは、民法によると、
相続人は、亡くなった人(被相続人のこと)の財産に属した一切の権利、義務を承継する。ことをいいます。
注目してください。財産に属する・・・「財産」という言葉を。
そうなんです。
被相続人の「財産」を相続するのです。
その「財産」をもらえる権利もまた民法で守られています。
それが「法定相続分です。」
簡単にいうと、
相続人が亡くなった人の財産を法律で守られた分だけもらえる。
借金だったら、法律で規定する分だけ負担する。ということです。
ただし、これはあくまで話し合いがつかなくなった場合や、
遺言がなかった場合なんです。
そう!
だから、皆さん遺言を書くわけなんですね。
もめたくない場合に書く遺言もあるでしょう。
不憫な相続人に財産を渡したくない場合もあるでしょう。
でも、考えてみてください。
法律で認められている持分(法定相続分)があると思っている人のことを。
理由はどうあれ、法律で認められた権利があると思っていたのに、
それがもらえなかったときのことを。
「相続」はよく「争続」なんて言葉になります。
僕は、相続とは、被相続人の考え、主義、信条、こだわり、事業、資産等
一切を相続人に伝えることだと思っています。
根本にあるのは、「家族への想い」だと思います。
亡くなった人がもめることを望んでいるとおもいますか?
相続人同士なかよくすることも、亡くなった人の「想い」かも。
数少ない身内です。
不思議な縁ですよね。
それならいっそ「想族」してみませんか。



10年前書いた記事を載せてみました。
懐かしいなぁ。

今年で私も開業15周年を迎えます。

10年前の想いをいつまでも






投稿者 司法書士 田中康雅